注文住宅

MERCUSE

実例 広島市安佐北区 S様邸

写真をクリックで拡大します。

外観 一見平屋風のおうちだが、
小屋裏のような感じで
2階にお子様たちの部屋が
造られている。

「収納はとにかく多くと希望しました。細々としたスペースよりも、大容量の収納スペースを何カ所か造ってもらいました。」
と奥様。

キッチン
システムバス 大きな化粧梁は、
元の家の丸太梁を
ご主人が加工したもの。
無垢の玄関ドアやライト、
造り付けの棚などが、
訪れる人を優しく迎えてくれる。
キッチン
外観 キッチン横にスッキリと収まった
薪ストーブ。
お部屋のイメージにもピッタリ。
床の間や仏間のある和室。
エアコンの目隠しには、
元の家の欄間を再利用。
キッチン
外観 床はもちろん、天井まで無垢の板に。
「薪ストーブの熱がかなり出るので、普通のクロスだと支障がでてしまうんです。デザイン的にも、とてもいい感じになりました。

プロが自分の手で建てた、家族の愛情たっぷりの我が家

ご主人は数多くの家を手掛ける大工職人。大工仕事はもちろん、天井や床、建具をご自分で塗ったり、家具を手造りされました。ご主人の作業のかたわら、奥様を中心に、ご主人のお母様も妹さんも、お子様たちも、一生懸命床を塗りました。家族みんなの愛がたっぷりと注がれた、世界でただ一つの我が家です。
「普通の人は、一生のうちに何軒も家を建てるわけではありません。建てたらずっと永く住むものです。デザイン的なものは多少気に入らなくても我慢できますが、暑い寒いを我慢するのはとてもストレスになります。だから、目に見えない所にこそしっかりと手をかけてほしいと思います。」とご主人。そのために、サッシはアルゴンガス入りに、断熱材も標準より手厚くし、外に貼るシートも遮熱タイプにされました。東亜ハウスの設計力とS様の腕が見事にコラボしたおうちです。

仕様

 

営業担当スタッフ

岡本 彩奈

設計担当スタッフ

岡本 彩奈

住宅展示場のご案内

文字の大きさ