東亜祇園ニュータウン『春日野』
  • 3
  • 2
  • 1
  • ページ

『春日野』のコンセプト—100年先を生きる街『春日野』—

『春日野』が目指したのは、四季折々の自然の中で、ゆとりある暮らしが実現する街、安心して子育てができる街、そして充実したシニアライフを過ごせる街。 この「理想のホームタウン」像を形にするためのコンセプトキーワードは ” ふるさと” です。

『春日野』が目指したのは、21世紀の新しいふるさとづくり。
この街は永遠の故郷になる。

現地上空から広島市街地を望む

現地上空から広島市街地を望む

※完成予想CGパースの合成写真の為、実際とは多少異なります。

故郷(ふるさと)という言葉を聞くと、自然の中で泥だらけになって遊び回ったあの懐かしい日々を思い出します。子どもたちにも、その感動を与えたいと思うのは親心。子どもひとりひとりの個性を引き出せるライフステージは、親が与えてあげるものではないでしょうか。
次世代を担う子どもたちが自然いっぱいの環境の中でのびのびと成長し、家族やともだちとの想い出を刻む、ゆとりある街。『春日野』で育つ子どもたちにとって、この地がまさしく、故郷となるのです。
そして、この街が長い年月を経た後も、故郷として住まう人の心を癒し、この街で幸せな家族の歴史をつづって欲しい、という願いを込めて、“100年先を生きる街”をタウンコンセプトに掲げました。
子どもたちが、その子どもたちへ…語り継がれ、受け継がれていく“100年先を生きる街”。21世紀の新しい故郷『春日野』は、どこよりもここだけの、誰よりもあなただけの“夢”を描く、10,000人の故郷になります。

自然環境と都市生活のバランスを実現したニュータウン。
広島県下初の「優良計画開発事業」です。

広島市街地上空から春日野を望む

広島市街地上空から春日野を望む

『春日野』は、総開発面積約103万m2・2386区画・想定人口10,000人の、広島を代表するビッグスケールのニュータウン。陽あたりの良い東南向きの丘に、ひな壇状に宅地を配しました。その名の通り、春の陽ざしのように穏やかで、凛としたステータスを誇る丘の上の邸宅地です。
四季を感じられる豊かな自然と、子どもたちがのびのびと成長できる環境が整っている一方で、広島の中心地「紙屋町」から約5km圏に位置し、通勤やショッピングなど、都心への快適なアクセスを維持しました。
山と海に囲まれたデルタ地形の広島で、陽あたりに恵まれ、自然環境と都市生活のバランスを実現した『春日野』は、都会のナチュラリストに人気の、自然豊かな都市隣接型ニュータウンです。

現地上空から広島市街地を望む

現地上空から広島市街地を望む

※完成予想CGパースの合成写真の為、実際とは多少異なります。

また、『春日野』は、広島県下で初めて、国土交通省(旧建設省)の「優良計画開発事業」の認定を受けた、栄えある街づくりです。
2006年には、人に優しい街づくりが評価され、第10回ひろしま街づくりデザイン賞「奨励賞」を受賞、(社)全国住宅建設産業協会連合会「団地表彰」を受章。
人にやさしく、のびやかに暮らせる環境が評価されています。

全体区画図

  • 3
  • 2
  • 1
  • ページ

春日野の物件を探す

春日野with東亜ハウス
文字の大きさ