住まいの夢をカタチにする東亜ハウス株式会社

お気軽にお問い合わせください!

受付時間 9:00〜17:00(定休日 水曜)

Staff Blog 東亜ハウスのスタッフが、
日々の出来事やお仕事に関する情報をお伝えします!

2022.02.09 現場レポート 営業 小倉 こだわりの注文住宅建築中!

こんにちは!営業部春日野店の小倉です。
本日は、雪が降って寒いですね🥶

今回のブログは少し長くなるのですが、建築中の物件についてご紹介したいと思います!
ご紹介するのはK様邸。

来場のきっかけは、知り合いの方に春日野に行ったらモデルハウスが見れると教えてもらっての、ご来場でした。
当時、春日野では6棟のモデルハウス(今は当時と違うモデルハウスが9棟)をご覧いただけたので、
モデルハウスの案内をさせていただき、東亜ハウスのモデルハウスには良い印象を持っていただけたとのことでした。
さらにお話を伺っていると、ご夫婦それぞれのこだわりが様々あったので、それなら注文住宅でプランしていきませんか?という話になり、プランはスタートしました😄

当初は優先順位第1位として
・LDK最低20帖
でした。
LDKをドーンと広く見せるために、通常よりも455mm幅を大きくすることで開けたLDKかつ、
南側にLDKを配置し、掃き出し窓も大きい窓にすることで採光もしっかりと入るようにしていました。
↑これをする為に、北側玄関の宅地を選択していました。


しかし、今のK様のプランには「LDK最低20帖」はなくなりました。
モデルハウス案内の際から「LDK最低20帖」はずっとご希望だったため、最初のプランから終盤のプランまでずっと採用していました。

では、ここまでのこだわりを見せていた「LDK最低20帖」はなぜなくなったのでしょうか?

答えは、K様ご家族のライフスタイルを考えたときに、もっと優先するものが出てきたからです。

それはお荷物(特にお洋服)が多いので、寝室横のクローゼットとは別に、1階にも大きめの収納が欲しいとプランを進めていくうちに考えが変化していきました。
洋服以外にも様々な荷物があり、子供もこれからどんどん大きくなっていく中で
リビングの大きさ<収納スペースの確保
となりました。
そこで常々、おっしゃていたのが注文住宅感のある家。
ただ収納を増やすだけではなく、平地によくある建売住宅とは違う、普通らしくない住宅=こだわりがある家
という部分も重視されていました。

(※東亜ハウスの分譲住宅はモデルハウスの役割も兼ね、1棟1棟コンセプトを考えているので、普通にはなかなかなりません)

そんな中でK様ご家族、設計士、私で話し合い、何度も修正して出来上がったのが
テレビスペースの裏に4.1帖大の収納スペースを作り、その上部スペースは中二階にして秘密基地の入り口のようなシアタールームにしました。

まさに注文感のある家!!!

 

↓現在のシアタールーム(中二階)!いい感じになってきています😄

まだまだ伝えたいポイントはあるのですが、これ以上語ると止まらなくなりますので今回はこの辺で失礼いたします😅

またの機会に別のポイントお伝えさせていただきます!

完成は4月ですが、K様以上に完成をまちわびている小倉が現場よりお伝えいたしました☺

 

このスタッフのブログを読む

BACK

理想をカタチにする東亜ハウスのラインナップLine up

Minimal-Design

MORE

LOHASTORY

MORE

ZERO CREA

MORE

WA Modern

MORE

MERCUSE

MORE

ContactUs!

家づくり・資金・土地のご相談など
家の事ならなんでもお気軽にお問い合わせください。